セミナーのご案内

第8回周産期メンタルヘルスセミナー
古典から学びなおす周産期ボンディング障害治療の実際

日程 2020年 11月29日 日曜日 10:30-16:30 日程変更しました
会場 ウエブ会議方式によるネット・セミナー
内容 周産期メンタルヘルスケアの重要課題のひとつであるボンディング障害について、その心理治療の実際を、古典的論文の紹介と架空事例の供覧から、分りやすく解説します。
参加費 4,000円
申込書

メールにてお申し込みください。
zaidan@kokoroclinic.jp

プログラム
1:古典を学ぶ:フレイバーグと赤ちゃん部屋のお化け

担当:大橋優紀子

文献:Fraiburg, S., Adelson, E., & Shapiro, V. (1975). Ghosts in the nursery: A psychoanalytic approach to the problems of impaired infant-mother relationships. Journal of the American Academy of Child Psychiatry, 14(3), 387-421.
1970年代にミシガン大学のグループが行なった新生児心理療法の3例報告。親自身が子ども時代に受けた養育が、自身が親となった際に「お化け」となって現われることが、親子の関係性の基底要因であり、これに治療的介入を行なった。


2:事例

担当:北村俊則

お化けの発見とその退治を行なう。


3:古典を学ぶ:アンナ・フロイトと防衛機制

担当:斉藤友見

文献:Freud, A. (1936). The ego and the mechanism of defence. New York: International Universities Press. Rev. ed., 1966.
意識に登らせたくない不快な内的体験を無意識のうちに処理するのが防衛機制である。アンア・フロイトは防衛についてはじめてまとまった解説を行なった。


4:事例

担当:北村俊則

ボンディング障害における防衛の実際とそれへの対応の実際


5:古典を学ぶ:シュビングと患者への寄添い

担当:松長麻美

文献:ゲルトルート・シュヴィング(著)小川信男、船渡川佐知子(訳) (1966) 「精神病者の魂への道」みすず書房.
まだ薬物療法が開始されていない時代に、スイスの精神科看護師が行なった介護介入の実践。精神科医療、看護、ケア論哲学の原点を問う臨床報告。


6:事例

担当:北村俊則

21世紀の周産期メンタルヘルスケアの実践における「寄り添う」技法の説明

詳しくはこちらをご覧ください。
PDFはこちら

ご登録:メールでお申し込みください。満席になり次第、締め切ります。
キャンセルポリシー:10 日前までのキャンセルは無料 以降前日までのキャンセルは参加費の50%を,当日のキャンセルは全額をキャンセル料として申し受けます。